logo

サムスン、ストリーミングサービス「Project Glued」を発表--東南アジアで提供へ

Aloysius Low (CNET Asia) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2014年05月22日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、ビデオオンデマンド向けのストリーミングアプリ「Project Glued」を提供すると発表した。名前はあまりキャッチーとは言えないが、それは正式名称ではないからだ。サムスンは今回の発表で、東南アジアのコンテンツ市場に参入する意向を示している。

 このモバイルアプリを使用すると、キュレーションされたテレビ番組を1シーズン分、丸ごとレンタルできる。ただし、サービス開始時点では米国と英国の番組に限られる。ユーザーは各エピソードを自分のサムスン製端末にHD画質でストリーム配信、あるいはダウンロードできる。

 サムスンによると、料金は1シーズンあたり6.5ドルでレンタル期間は30日間、1話目はお試し視聴として無料になるという。複数のシーズンを友人に贈ったり、24時間の期限付きながらアクセス権を最大6人の友人と共有したりすることも可能だ。

 このアプリは、シンガポールに拠点を置くサムスンのMedia Solutions Centreが開発したもので、7~9月のいずれかの時点で提供開始される予定だ。最初はシンガポールとフィリピンでリリースされる。

 最初に投入する市場として英語を主要言語とする2カ国を選んでいることから、サムスンには、より欧米的なラインナップの方がアーリーアダプター層の呼び水になるとの思惑があるのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]