logo

ソニー、4K試験放送対応チューナを今秋発売へ--4K BRAVIAなどに対応

加納恵 (編集部)2014年05月21日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4K試験放送対応チューナ

 ソニーは5月21日、6月2日に開始される4K試験放送に対応した124/128度CSデジタル放送用チューナの開発を発表した。2014年秋をメドに発売する。

 これは次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が開示した4K試験放送の概要と受信仕様に対応したもので、スカパー!プレミアムサービスチューナとHEVCデコーダを内蔵。NexTV-Fがスカパー!Ch.502で実施する4K試験放送「Channel 4K」の受信ができる。

 HDMI 2.0に準拠したほか、著作権保護規格のHDCP 2.2に対応しており、外付けHDDを接続すれば、4K試験放送コンテンツを4K画質で録画することが可能だ。

 加えて、家庭用の4Kビデオカメラに採用されているXAVC Sデコーダを内蔵することで「4Kハンディカム」で記録した映像の保存や再生にも対応する。

 ソニーでは、現在発売されている4K対応の液晶テレビ「BRAVIA」やプロジェクタに、NexTV-F受信機仕様に基づく4K試験放送を受信できるチューナを内蔵しておらず、4K試験放送を視聴するには本機の接続が必要になる。

 2014年5月以降に発売されたBRAVIA X9500B/X9200B/X8500Bシリーズでは、HDMI 4K/60p信号伝送とHDCP 2.2への対応を済ませているが、それ以前のモデルに関しては、ソフトウェアアップデートや基板交換、有償アップグレードなどが必要になるとしている。詳細はウェブサイトから確認できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]