logo

パナソニック、最大11.1ch「DTS Headphone:X」対応のステレオヘッドホン3機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは5月21日、「DTS Headphone:X」対応のステレオヘッドホン「RP-HX750/HX550/HX350」を発表した。いずれも6月13日に発売する。税別想定価格は、RP-HX750が1万円前後、RP-HX550が6000円前後、RP-HX350が3000円前後。

 RP-HX750/HX550/HX350は、米DTSが開発したヘッドホン用サラウンド規格である、DTS Headphone:Xに対応。2chのヘッドホンながら、DTS Headphone:X対応コンテンツを、最大11.1chのマルチサラウンドで楽しむことができる。

 DTS Headphone:Xの効果を楽しめるのは、DTS Headphone:X用に編集された専用コンテンツを、専用アプリ「Music Live by DTS Headphone:X」で再生した場合のみ。通常の2chでも、高音質ヘッドホンとして楽しめる設計だ。

 HX750は50mm、HX550は40mm、HX350は36mmの大口径ドライバで、重低音を響かせる高音質設計を採用した。耳を包み込むオーバル型イヤーパッド「Around Ear Style」により、音漏れや圧迫感を軽減をできるとしている。3機種とも、平たく折りたためる「スイーベル折りたたみ機構」により持ち運びも容易だ。

 HX750のカラーはシルバーの1色のみ。HX550のカラーはブラック、ホワイト、ゴールドの3色を用意している。HX350のカラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッド、パープルの5色。


「RP-HX750/HX550/HX350」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]