logo

グルーポン、タブレットベースの支払い処理システム「Gnome」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Grouponは米国時間5月19日、タブレットをベースとした新プラットフォーム「Gnome」を発表した。Gnomeは、地元商店が事業をより効率的に運営し、顧客をより良く理解するためのツール群を提供する。

 Gnomeはタブレットを使用するため、商店は、Grouponユーザーが店舗に入ると直ちに認識でき、Grouponを使った割引をシームレスに処理できる。また、シンプルなPOSシステムやクレジットカード決済処理サービスを使うことで時間と費用を節約できる。Grouponは、Gnomeを「QuickBooks」や「Xero」といった会計ソフトウェアと早い時期に統合するとともに、CRMツール一式を提供することを予定している。これらのツールでは、購入履歴に基づいての販売キャンペーンのカスタマイズ、ソーシャルメディアで得られた顧客からのフィードバックの共有、顧客からの問い合わせやコメントへの対応などが可能になる。

 Grouponの最高経営責任者(CEO)Eric Lefkofsky氏は、「Gnomeは、驚くべき技術の一端であり、当社顧客の商店がウェブに接続され、店舗を訪れる各顧客と関係性を確立するのを支援する」と声明で述べている。「完成した際にGnomeは、商店が全事業を運営するためのOSとして機能し、商店が顧客を最も必要としている時に呼び込んでくれるリアルタイムのプロモーションを作成する能力を与えてくれるようになる」(Lefkofsky氏)

 Gnomeには主に次のような機能が含まれる。

  • Bluetoothを使ったGroupon割引処理:自動的にBluetooth技術経由でGrouponの割引を処理し、顧客の検索を名前、Grouponバーコード、バウチャーコードで実行する。これにより、顧客は印刷したバウチャーの提示だけでなく、携帯デバイスの提示すらする必要がなくなる。
  • オールインワンのキャッシュレジスタ:現金取引の記録、クレジットカードやデビットカードによる支払処理、レシートの印刷や電子メールでの送付、複数の税率の計算、メニューアイテムの管理、処理履歴の閲覧、払い戻しなどを提供する。
  • CRM:販売キャンペーンのカスタマイズが顧客の購入履歴を使って可能となる。また、Gnomeは、FacebookやTwitter経由の顧客のフィードバックを共有することができ、顧客サービス上の問題が発生した際にはワンクリックで電子メールによる対応が可能となる。
  • 会計ソフトウェアの統合:Gnomeは、人気の会計ソフトウェアである「Quickbooks」や「Xero」と統合されるため、商店は、会計処理や税務処理のための販売データを容易にアップロードすることができる。
  • シンプルでカスタマイズ可能なPOSシステム:Gnomeは、最も一般的なローカルビジネス向けのメニューや在庫リストがプリロードされているため、商店は、ほんのわずかな時間でシステムを稼働できる。また、商店は、多数のメニューアイテムの追加、スクロール、検索ができる。

 Gnomeは提供がすでに開始されており、今後数カ月にわたって多くの商店に順次提供される予定だとGrouponは述べている。

GrouponのGnome
GrouponのGnome
提供:Business Wire

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]