logo

キヤノン、無線LAN搭載で1万円前半から--A4対応モノクロレーザープリンタ

エースラッシュ2014年05月20日 14時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは、A4対応モノクロレーザープリンタの新製品として、個人やホームオフィス向けの「Satera LBP6040/6030/6240/6230」と中小事業所向けの「Satera LBP6340/6330」の計6機種を5月29日より順次発売すると発表した。

 今回の新製品はいずれも省スペース設計ながら、A4タテ印刷でLBP6040/6030が7.8秒、LBP6240/6230が6秒という短いファーストプリントタイムを実現した。

 LBP6040/6240は無線LAN(Wi-Fi)を搭載しているほか、LBP6040/6240/6230に関してはスマートフォンやタブレットから印刷できるモバイルプリントアプリ「Canon Mobile Printing」への対応も予定している。そのほか、LBP6040/6030は新たにスリープモードを搭載し、TEC値 0.5kWhという高い環境性能を備えた。

 小型のレーザープリンタは、SOHOや店舗、店頭などで広く使われている。昨今の無線LANの普及を受け、オフィスをはじめ店舗や工場でも無線LAN搭載の要望が高まっていたという。これまで別オプションとなっていた無線LANを内蔵しながら、1万円台前半から購入できるコストパフォーマンスのよさも特長の一つだ。

 市場想定価格は、LBP6040が税別で1万3800円、LBP6030が1万1800円。LBP6240が1万6800円で、LBP6230が1万4800円。LBP6340が3万1800円で、LBP6330が2万4800円。発売日は、LBP6040/6030、LBP6340/6330が5月29日、LBP6240/6230が7月下旬となっている。

  • 「LBP6040/6030」

  • 「LBP6240/6230」

  • 「LBP6340/6330」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]