logo

3分で振り返る海外ITニュース(5月16日編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここでは、5月16日に報じられた主な海外ITニュースをまとめて紹介する。

グーグルCEO:「私の夢見る検索エンジンからは果てしなく遠い」

 Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるLarry Page氏が、株主総会を前に年次の「Founder's Letter」を発行した。「情報はGoogleの中核」と言うPage氏は、毎月1000億回を超える検索がGoogleで実行されており、そのうちの15%がそれまで検索されたことのない新しいクエリであると指摘する。また検索結果の単なる羅列ではなく、質問に対する直接的な回答を提供できるように努力しているとPage氏は述べ、「Voice Search」(音声検索)が現在、38言語に対応していることを付け加えた。しかし、このような進歩にもかかわらず、「努力をしなくても正しい情報を必要な瞬間に入手できるという、私の夢見る検索エンジンからは果てしなく遠い」ことをPage氏は認めた。

アップル、「OS X Mavericks v10.9.3 Update」を公開

 Appleは米国時間5月15日、「OS X Mavericks v10.9.3 Update」を公開した。OS X Mavericks 10.9.3 Updateは、すべてのMavericksユーザーに推奨されており、「Mac Pro(Late 2013)」等における4Kディスプレイサポートの向上、連絡先およびカレンダーのMacと「iOS」デバイス間でのUSB接続を使用した同期機能の追加、IPsecを使用したVPN接続の信頼性の向上などが含まれている。

ハイテク企業各社のデータ保護対策、大幅に改善--電子フロンティア財団調査

 Electronic Frontier Foundation(EFF)は、政府機関からユーザーデータの開示を求められた場合のハイテク企業の保護対策を調査した。多くの大手ハイテク企業で、データ保護方法の開示に加え、データ管理方法(そして、言うまでもなく、世界中の政府および法執行機関からのデータ開示請求の頻度)に関する顧客への情報提供について、かなりの進展が見られた。2013年には6つ星評価を獲得したのはSonic.netの1社だけだった。2014年には、Sonicに加えてApple、Credo Mobile、Dropbox、Facebook、Google、Microsoft、Twitter、Yahooに星6つの最高評価が与えられた。

FCC、新たなネット中立性規則の下で優遇措置に対する課金を許容

 米連邦通信委員会(FCC)は米国時間5月15日、各ネットワークにおける優遇措置に対して、通信事業者やブロードバンド事業者がコンテンツプロバイダーに料金を請求できるようにすることを、3対2で可決した。また、FCCは、ブロードバンド企業がトラフィックを低下させたり完全に遮断したりできないとの規定も設けた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]