logo

サッカーW杯に便乗した詐欺サイトに注意--BBソフトサービスが警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BBソフトサービスは5月15日、2014年4月度の「インターネット詐欺リポート」を公開した。ネット詐欺の脅威の周知や注意喚起を目的として、同社が収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果と、インターネット利用者の意識調査の結果をまとめたものだ。

 発表によると、同社のセキュリティサービス「Internet SagiWall」が検知したインターネット詐欺サイトの数は87万6105件で、前月と比べて23.9%増加。ネット詐欺の種類別割合では、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が93.8%(前月比2.8ポイント増)、「フィッシング詐欺サイト」が3.2%(前月比3.6ポイント減)、「マルウエア感染サイト」が0.9%(前月比0.3ポイント増)となっている。「ぜい弱性悪用サイト」は全体では1.3%(前月比0.3ポイント増)だが、OS別にみるとWindowsにおける割合が10.46%と高い。

  • 検知状況

  • OSごとのネット詐欺種類検知率

  • 国際サッカーイベントに便乗した詐欺サイトが登場

 同社はまた、6月に開幕するFIFA ワールドカップ ブラジル大会の出場国ユニフォームが購入できるとうたい、情報を盗み取るサイトを検知したとレポート。犯罪者は世の中の注目が高まっているイベントに便乗した詐欺行為を行う目的で詐欺サイトを立ち上げる傾向が強く、注意が必要だと警告している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]