logo

サムスン「GALAXY S5」、発売後1カ月で1100万台を突破--WSJ報道

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月15日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、「GALAXY S5」の発売後1カ月の売れ行きが好調だったことを明らかにした。同社モバイル部門の責任者である申宗均(シン・ジョンギュン)氏は、4月の発売以来、この主力スマートフォンが1100万台以上販売されたと述べた。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 「S5の発売から1カ月が経ち、出足は好調だ。売れ行きは『GALAXY S4』をはるかに上回っている」と申氏はWSJに述べた。

 サムスンは2013年、GALAXY S4の販売台数が発売後最初の1カ月で1000万台だったと報告している。WSJによると、申氏は、GALAXY S5の売れ行きはこれよりも好調であるとし、その理由として複数の通信事業者との提携に向けて合意をとりつけたことや、125カ国で同時発売したことを挙げたという。申氏によると、特に米国、オーストラリア、ドイツなどの先進国で売れ行きが好調だという。

 サムスンがモバイル製品の販売好調を示す一方で、この数カ月間の同社の業績は思わしくない。同社は2四半期連続で利益が減少しただけでなく、2014年第1四半期のスマートフォン市場シェアも1%下がった。スマートフォン市場シェアの低下は、2009年以来のことだ。

 サムスンが発表した2014年第1四半期の営業利益は82億ドルで、前年同期比で3.3%の減少となった。また、通常は同社売上高の3分の2を占めるモバイル部門の同四半期の営業利益は62億ドルだった。これは、前年と比べるとわずかな減少であるとともに、この3年余りの間で初の減少となった。

 サムスンの業績不振は、ファーウェイやLenovoといった低価格スマートフォンメーカーとの競争が激化したことによるものとみられている。

 サムスンは直近の決算報告で、GALAXY S5の販売が好調なことから、同社の第2四半期の売上高は改善する見通しだと述べた。同主力スマートフォンは4月上旬に発売された。同社の発表によると、発売初日の販売台数はGALAXY S4のときと比べ、およそ30%多かったという。一部の市場では、GALAXY S5の発売初日の販売台数はGALAXY S4の2倍だと報じられた。


GALAXY S5
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]