logo

スクエニHD、2014年3月期の連結決算で黒字転換に

佐藤和也 (編集部)2014年05月12日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは5月12日、2014年3月期の連結決算を発表した。

 売上高は1550億2300万円(前年同期1479億8100万円)、営業利益は105億4300万円(同60億8100万円の赤字)、経常利益は125億3400万円(同43億7800万円の赤字)、純利益は65億9800万円(同137億1400万円の赤字)となった。

 「ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター」、「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」、欧米のみで発売した「Thief」などの家庭用ゲーム機向けタイトル、ブラウザゲーム「戦国IXA」が好調だったのに加え、スマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」がPS Vita版へのプラットフォームを拡大し、韓国に続き台湾・中国でもヒット。1月に国内でサービスを開始した「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」、2013年8月に運営を開始した「ファイナルファンタジー XIV:新生エオルゼア」のソフト販売も好調だったとしている。

 加えてアミューズメント事業においても、8月に発売した「ロードオブヴァーミリオンIII」や、11月に発売した「グルーヴコースター」(アーケード版)などのアミューズメント機器の販売もあわえて好調だったとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]