logo

任天堂が謝罪--「トモダチコレクション 新生活」欧米版で同性愛に対応せず

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月12日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は米国時間5月9日、同社の「Nintendo 3DS」向けライフシミュレーションゲーム「Tomodachi Life」(欧米向け「トモダチコレクション 新生活」)で同性愛関係のオプションを用意しなかったことを公に謝罪した。しかし、多くのファンが求めていたTomodachi Lifeへのアップデートによる同性愛関係オプションの追加は、完全に否定された。

 任天堂が発表した声明には、「Tomodachi Lifeに同性愛関係のオプションを用意しなかったことで、多くの人々を失望させてしまったことを謝罪します。残念ながら、このゲームの設計を変更することは不可能です。そうした開発面での重大な変更を発売後のパッチで実現することはできません」と書かれている。

 任天堂は当初、8日のThe Associated Pressとのインタビューで、圧力に屈してTomodachi Lifeに変更を加えることはしないと述べていた。同社は方針を改め、Tomodachiシリーズの今後のタイトルでは配慮を深める予定だ。

 任天堂は5つの文を含む1つの段落だけで構成される簡潔な声明で、「Tomodachiシリーズの次作を開発する場合は、ゲームプレー体験を根本から設計し直し、より包括的で、すべてのプレーヤーをより適切に反映する体験を作り出す努力をすることを約束します」と結んでいる。

 Tomodachi Lifeは、「Mii」アバターと呼ばれるプレーヤーのバーチャルな分身を使用する。2013年4月、日本でNintendo 3DSシステム向けに発売され、これまでに183万本が販売されている。北米と欧州でも、現地時間2014年6月6日に発売される予定だ(同シリーズのタイトルが日本以外の国で発売されるのは初めて)。Tomodachi Lifeのプレーヤーは自分のアバターをパーソナライズできるほか、買い物をしたり、遊園地の乗り物に乗ったりすることもできる。また、相手が異性であれば、ゲーム内のキャラクターや現実世界のほかのプレーヤーのアバターとデートを楽しんだり、結婚したりすることも可能だ。


提供:Nintendo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]