logo

ウェアラブルデバイスとiPadで選手の状態を正確に管理--アディダス×F・マリノス

坂本純子 (編集部)2014年05月07日 20時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アディダス ジャパンは5月7日、iPadとウェアラブルデバイスを用いてアスリートの状況をモニタリングできるシステム「miCoach elite(マイコーチ エリート)」を日本で展開すると発表した。アジアでは初めて、横浜 F・マリノスが導入する。

iPadで選手の状況をリアルタイムに把握できる
iPadで選手の状況をリアルタイムに把握できる

 このシステムは、すでにACミランやバイエルン・ミュンヘン、サッカードイツ代表、MLS(メジャーリーグサッカー)などで導入されている最先端のスポーツウェアラブルシステムだ。個々の選手の心拍数や走行距離、スピード、位置情報といったデータをリアルタイムでiPadに送信できる。データを可視化することで、監督やコーチらがパフォーマンスをより正確に把握でき、分析して練習プランなどに役立てられる。

左の黒いウェアが「テックフィット」、右が「ベースステーション」。ベースステーションは、プレーヤーセルの記憶装置と充電機能を兼ねている
左の黒いウェアが「テックフィット」、右が「ベースステーション」。ベースステーションは、プレーヤーセルの記憶装置と充電機能を兼ねている

 このシステムは、(1)ウェアラブルデバイス「プレーヤーセル」、(2)専用シャツ「テックフィット」、(3)携帯型送受信機「ベースステーション」、(4)専用「Webアプリケーション」、(5)iPad上にデータを表示する「ダッシュボード」の5つから構成される。

 選手が着用するテックフィットには、肋骨部分に心拍計測ができる装置が組み込まれており、さらにウェアの肩甲骨の間にあるポケットに、プレーヤーセルを装着して使用する。プレーヤーセルのデータは、ワイヤレスでベースステーションに送信される。ベースステーションは約30台のプレーヤーセルからデータを収集し、リアルタイムでiPadへデータを送信する。

 プレーヤーセルが送信できるデータの範囲は約80mで、ベースステーションをピッチの中心に置けば、隅々まで受信できる。駆動時間は1回の充電で約5時間。通常のトレーニングでは問題なく使用できる範囲という。

  • 肋骨部分に心拍計測ができる装置が組み込まれている

  • ウェアラブルデバイス「プレーヤーセル」

  • 練習前に、選手同士でプレーヤーセルを装着し合う

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]