logo

音茶楽、超低域から超高域まで再生するヘッドホン--カラバリは日本の伝統色

加納恵 (編集部)2014年04月30日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音茶楽(おちゃらく)とTTRは4月30日、ハイレゾ再生に対応したインナーイヤータイプのヘッドホン「Donguri-楽(RAKU)」を発表した。超低音域から超高音域まで歪みを抑え、ダイナミックに再生する。発売は6月上旬。販売税込予定価格は1万5120円になる。新たな「茶楽音人(Surround)」ブランドを立ち上げ展開していく。

 Donguri-楽は、外耳道を塞ぐことによって生じる6kHz付近の共振を抑える「トルネード・イコライザー方式」と、振動系の等価質量を周波数に応じて可変制御する「アコースティック・ターボ回路」により、重低音域と中音域再生の両立を実現。振動板に液晶ポリマを採用することで、微小レベルの付帯音も抑制する。

 L型の接続コードとComplyイヤーピースのM、Lサイズを付属。江戸紫(えどむらさき)、濃墨(こずみ)、白磁(はくじ)、紅赤(べにあか)と4つのカラーバリエーションをそろえる。

  • 「Donguri-楽(RAKU)」

  • 上段左から江戸紫、濃墨、白磁、紅赤

  • パッケージ。収納缶に入って提供される

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]