logo

エイサー、新PCや「Core i3」搭載「Chromebook」を発表--ウェアラブルバンドも披露

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月30日 08時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Acerは米国時間4月29日、ニューヨークで報道陣向けイベントを開催し、米国において8月下旬から始まる2014年の新学期準備シーズンに向けた一連の新しいコンピュータを発表した。

 同社が発表したシステムは以下のとおり。

「Switch 10」

 この10インチハイブリッドPCは、画面が取り外し可能である。Acerは、同PCが4つの異なるポジションで利用可能だと主張しているが、それは控えめな主張である。画面は、クラムシェル型としての前向き、キオスクモードとしての逆向きに加えて、テントモードで上下逆向き、そしてスレートスタイルモードに対応可能だからだ。Switch 10について、優れたアイデアだと思われるものの1つは磁気接続で、これによって画面とキーボードが簡単に接続できるようになっている。

Switch 10
Switch 10
提供:Sarah Tew / CNET

「Iconia One 7」

 7インチの同「Android」タブレットは10色展開で、Intel製のデュアルコアプロセッサが搭載されている。

「Iconia Tab 7」

 アルミニウム製筐体のAndroidタブレットで、こちらも7インチのIPSディスプレイが装備されているが、プロセッサはクアッドコアである。他の多数の小型タブレットと異なり、3Gアンテナを装備する。

Iconia Tab 7(左)とIconia One 7(右)
Iconia Tab 7(左)とIconia One 7(右)
提供:Zack Whittaker/CNET

オールインワンPC「Aspire U5」

 23インチのIPS画面を搭載するこのオールインワンPCは、最近のテーブルトップPCの流れを汲み、折りたたんでタブレットモードで使用できる。キックスタンドの高さは片手で調整可能である。

「Acer Aspire Eシリーズ」

 Acerは、このメインストリーム製品ラインとして多数の選択肢を提供している。CPUをIntel製にするかAMD製にするか、タッチスクリーンにするかしないかに加えて、カバー背面から内部のキーボードトレイにいたるまでで複数の色が選択可能である。Aspire Eは、15、14、11インチのバージョンが提供される予定。11インチのバージョンはファンレスであるため、高温になることなく静かに動作するはずである。

Aspire Eシリーズ
Aspire Eシリーズ
提供:Sarah Tew

「Acer Chromebook(Intel Core i3)」

 高性能システムになるであろうこの大胆なChromebookには、Intel Core i3 CPUが搭載されている。「Chrome OS」システムに搭載されるCPUとしては、興味深い選択である。

Acer Chromebook(Intel Core i3)
Acer Chromebook(Intel Core i3)
提供:Sarah Tew

 またAcerは、将来の製品もいくつか披露した。「Acer Liquid Jade」は、全面が曲面状になった5インチスマートフォンのようである。「Acer Liquid Leap」は、幅17mmの小さなウェアラブルバンドだ。同製品は、スマートフォンJadeにバンドルされると思われ、発売が2014年8月に予定されている。

Liquid Jade
Liquid Jade
提供:Scott Stein/CNET
Liquid Leap
Liquid Leap
提供:Scott Stein/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]