logo

音茶楽、外耳道の“長さ”に注目したカナル型ヘッドホン--選べる2機種を用意

加納恵 (編集部)2014年04月28日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Flat4-玄弐型(KURO Type II)」

 ヘッドホンの開発、販売を手がける音茶楽(おちゃらく)は4月28日、外耳道の長さに合わせて選べるカナル型ヘッドホン「Flat4-玄弐型(KURO Type II)/Flat4-緋弐型(AKA Type II)」を発表した。6月上旬に発売する。想定税込価格は4万5360円。

 音茶楽では、百数十名の試聴アンケートから外耳道の長さには個人差があり、同社の想定よりも長めのユーザーが多いことがわかったとのこと。外耳道の長さと位相補正チューブの長さを合わせると、より高音質が得られることから、位相補正チューブが長めのモデルを開発したという。

 カナル型ヘッドホンを装着し外耳道を塞ぐと、外耳道の長さで共振し、音圧が上昇することで強烈なピークが発生する。位相補正チューブとはこのピークを除去する機構で、Flat4では「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用しているという。

 新モデルには、位相補正チューブに制振効果の高い弐型塗装を施したほか、高域特性の向上に合わせて100kHz以下の重低音域も強化し、バランスの良い音に仕上げたとのこと。

 Flat4-玄弐型は28mm、Flat4-緋弐型は30mmの位相補正チューブを採用し、玄弐型が標準、緋弐型が外耳道が長い人用になるとのこと。試聴により心地よく聞こえるタイプを選択できる。

 5月10~11日に、東京の中野サンプラザで開催される「春のヘッドホン祭2014」の音茶楽ブースでも試聴ができ、少量になるが先行販売される予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]