logo

見られる「ダイオウグソクムシ」、さわれる「オオグソクムシ」--ニコニコ超会議3

井指啓吾 (編集部)2014年04月27日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ダイオウグソクムシの様子

 4月26日と27日に幕張メッセで開催されている巨大イベント「ニコニコ超会議3」の「超ダイオウグソクムシブース」に、ダイオウグソクムシを見たり、オオググソクムシを直接触ったりできるコーナーがある。

 ダイオウグソクムシは新江ノ島水族館から輸送された2匹で、会場では水槽の中で過ごしている様子を見られる。フラッシュを使わなければ写真撮影も可能だ。

  • オオグソクムシの様子

 一方、オオグソクムシはプールに入っており、実際に触ることができる。来場者はその触り心地、そして泳ぎの速さに驚いている様子だった。飼育員の根本氏は「やさしく触らないと噛まれることもあるから気をつけて」と話していた。

 なお、ダイオウグソクムシとオオグソクムシの待機列は分かれており、26日の正午頃は、どちらも20分程度の待ち時間で見たり触ったりできる状態となっていた。

ダイオウグソクムシの後ろ姿 ダイオウグソクムシの後ろ姿
※クリックすると拡大画像が見られます
プールの中のオオグソクムシ プールで泳ぐオオグソクムシ
※クリックすると拡大画像が見られます

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]