logo

幕張メッセに本物の土俵--白鳳の相撲も見れるニコニコ超会議3

藤井涼 (編集部)2014年04月26日 15時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月26~27日の2日間にわたり幕張メッセで開催されている巨大リアルイベント「ニコニコ超会議3」。今回の目玉とされているのが白鵬、日馬富士などの横綱はじめ、総勢250人が幕張メッセで相撲を取る「大相撲超会議場所」だ。開催時間は、4月26日が10~15時、4月27日が10~15時30分。

  • 満員御礼の「大相撲超会議場所」

 大相撲超会議場所では両国国技館さながらの本物の土俵を設置。十両力士や幕内力士など総勢250人による大相撲を、会場観覧者とネット視聴者が一緒になって楽しめる。より近くで観戦したい人のために事前に「座席付き入場券」も販売されたが人気が高く完売。一般入場者は立ち見で観覧できる。

 初日なる4月26日には、生の相撲を見ようと多くの来場者がブースに詰めかけ、目の前で繰り広げられる相撲の迫力に興奮していた。また、来場者やゲストが力士に挑める「わんぱく土俵祭り」も開催され、堀江貴文氏や“ひろゆき”こと西村博之氏が相撲を取ったほか、イラストレーターの岸田メル氏も飛び入り参戦した。

  • 横綱力士が土俵祭り。観客から「よいしょ〜」のかけ声が飛ぶ

  • 目の前で繰り広げられる相撲の迫力に観客も興奮

  • 取り組みの様子はニコニコ生放送で配信された

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]