logo

クラウドワークス、開発者のレベルを明確化--D2Cの「スマ検」を導入

藤井涼 (編集部)2014年04月25日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドワークスは4月24日、D2Cが運営する「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」(スマ検)を採用したことを発表した。クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」に登録する開発者の技術レベルを明確にすることで、企業がより適切な会員に発注できるようにする狙い。

  • スマ検の出題イメージ

 スマ検は、iOSやAndroid OS向けアプリの開発技術の検定試験で、D2Cが2月から提供している。「アプリデザイン」や「アプリ開発・コーディング」「実機検証」といった広範囲の設問によって、技術者の力量を点数で明確にすることで、企業が技術者に適切なレベルの業務を担当させる指標となることを目指しているという。

 クラウドワークスには現在約15万人のエンジニアやデザイナーが登録している。同社では、スマ検によってエンジニアの技術レベルを可視化することで、発注企業とのマッチング精度をさらに高めていきたいとしている。また6月を目処に、検定で上位スコアを記録したエンジニアのプロフィール欄に、スマ検のスコア認定証などを表示する予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]