logo

ロジクール、4基のBAドライバを搭載した「UE900s」--内部構造見直しで高音質化

加納恵 (編集部)2014年04月24日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「UE900s」

 ロジクールは4月24日、「Ultimate Ears(アルティメットイヤーズ)」シリーズのインナーイヤー型ヘッドホン「UE900s」を発表した。ドライバの配置とバスチューブを改善し、低音域の再現性を高めたとしている。発売は5月9日。直販サイト想定税別価格は3万7000円になる。

 UE900sは、ウーファ2基、ミッドレンジ1基、トゥイータ1基の合計4基のバランスドアーマチュアドライバを搭載。同社のハイエンドモデル「UE900」の後継機にあたる。

 新モデルでは、バランスドアーマチュアドライバの配置を見直すことで、音の細部まで聞き取れるプロ用モデル「UEカスタムインイヤモニター」のような再現性を確保する。

 ケーブルは脱着ができ、オーディオケーブルとマイク付きケーブルの2本を同梱。いずれも編組ケーブルとなり、装着時は耳の上にケーブルを通すオーバーイヤーを採用するが、成形式イヤループによりループを記憶することで、しっかりと装着できる。

 XXXS、XXS、XS、S、M、Lの6サイズを用意したシリコン製イヤチップと、S、M、Lサイズの形状記憶型フォームチップの両方を付属する。ボディカラーはブルー。2年間の保証が付く。

  • マイク付きケーブル

  • オーディオケーブル

  • キャリングケース

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]