logo

ソニー、ハイレゾ&4K対応機も--AVアンプ3機種を発表

加納恵 (編集部)2014年04月23日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「STR-DN1050」

 ソニーは4月23日、ハイレゾ再生とWi-Fi内蔵機を含む新AVアンプ3機種「STR-DN1050/DN850/DH750」(DN1050/DN850/DH750)を発表した。エントリーからミドルクラスモデルになる。発売は5月20日から順次。税別価格はDN1050が6万2000円、DN850が5万2000円、DH750が4万円になる。

  • 「STR-DN850」

 DN850は192kHz/24bit(WAV/FLAC)、DN1050は192kHz/24bitとDSD(2.8MHz)の再生までサポートするハイレゾ対応機。いずれもネットワーク経由とUSBストレージメディアからの再生が可能だ。

 Wi-FiとLAN端子を備え、AirPlayなどのワイヤレス再生に対応するほか、「Music Unlimited」「radiko」「TuneIn」といったネットワークサービスの利用も可能。HDMI入力は、3D映像信号に加え、映像機器からの4K信号をパススルーし、対応するテレビやプロジェクタへそのまま出力できる。

  • 「STR-DH750」

 DN1050はHDMI入力6系統、HDMI出力3系統を備え、最大出力は165W×7ch。DN850はHDMI入力5系統、HDMI出力1系統を装備し、最大出力は150W×7ch。自動音場補正機能「アドバンストD.C.A.C」と、小音量時でも臨場感あるサウンドを再現する聴感補正技術「サウンド・オプティマイザー」、センタースピーカの音を上にシフトすることで画面との一体感を出す「センタースピーカーリフトアップ」などの特長を持つ。

 DH750は、HDMI入力4系統、HDMI出力1系統を備え、最大出力は140W×7chになる。全機種ともにBluetoothを備え、ワイヤレス再生を実現。専用アプリ「SongPal」による、スマートフォンとの連携機能も装備している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]