logo

ドコモ、海外のWi-Fiスポット利用でパス入力が不要に

藤井涼 (編集部)2014年04月22日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月22日、海外のWi-Fiスポットでデータ通信が利用できる「WORLD WING Wi-Fi」に、SIMカードの情報を活用したユーザー認証方式(SIM認証)を、4月28日から適用することを発表した。同社によれば、海外ローミングでのSIM認証は、国内携帯電話キャリアでは初となるそうだ。

  • 「WORLD WING Wi-Fi」

 WORLD WING Wi-Fiは、「海外パケ・ホーダイ」のユーザーが世界55の国・地域で、Wi-Fiによるデータ通信を利用できるサービス。料金は日額最大2980円の海外パケ・ホーダイに含まれる。今回SIM認証に対応したことで、従来のようにアプリを設定したり、ID/パスワードなどを入力する必要がなくなるという。

 サービス開始時のSIM認証対応機種は「iPhone 5c」と「iPhone 5s」の2機種で、今後は一部のAndroid端末にも対応する予定。また当初は、韓国、香港、台湾で利用でき、順次エリアを拡大するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]