logo

ECサービス、PCとは違うスマホならではの使われ方--ドコモ・ドットコム調査 - (page 3)

後藤京子(ドコモ・ドットコム)2014年04月23日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトとアプリで利用理由を比較

 スマートフォンならではの展開として挙げられるのが、アプリの存在だ。最近では、ウェブサイトとアプリの両方でサービス展開するケースが増加している。ここではウェブサイトとアプリにおける利用傾向の違いを検証してみた。

 まず、ウェブサイトとアプリではどちらをメインに利用するのかを調査してみると、全体ではウェブサイトをメインで利用している人の割合が約7割と高い。特に女性はこの傾向が強くなっており、アプリの利用に抵抗を感じる人は少なくないようだ。その利用理由として、ウェブサイト及びアプリともに商品検索がしやすい事が共通しているが、ウェブサイトメインのユーザーでは「慣れているから」という理由が目立っている。

 逆に、アプリメインのユーザーでは「ホーム画面からアクセスしやすい」「購入までの流れが簡単だから」「読み込み速度が速い」「操作性が良い」などさまざまな理由が挙げられている。アプリは利用自体にまだ慣れておらず、利用に抵抗のあるユーザーが存在する一方で、一旦使いだすとその良さを実感する人も多いようだ。PCやフィーチャーフォンでウェブサイトに慣れ親しんでいるユーザーを新規で獲得する際には、ウェブサイトをランディングとして用意し、スマートフォンに慣れたリピーターにはアプリを訴求する、などといった訴求を検討するのも良いのではないだろうか(図4)。

図4:ECサービスでアプリをメインに利用する理由
図4:ECサービスでアプリをメインに利用する理由

スマートフォンでもっと購入してもらうために

 スマートフォンでもっとユーザーを獲得し、売り上げを増加させるためにはどんな事を工夫するべきなのだろうか。ここでは、ECサービスをスマートフォンで展開していく上での効果的な施策について考察してみたい。

 まず、デバイスを問わず重要視されるのは「送料」で、商品購入の決め手と断念理由の両方において最も反応の高い要素となっている。スマートフォン独特の傾向ではないが、ECサービスを展開する上で、送料を軽減するなどといった施策は抑えておくべきポイントと言えそうだ。また商品購入の決め手として、送料以外で反応の高かったのが「ポイントの付与率が高い」「希望日に配送してくれる、即日配送してくれること」などである。特に、「希望日に配送してくれる……」はスマホメインの方に強い傾向が出ており、場所を選ばずいつでも利用できるスマートフォンが急ぎの需要にもマッチしていることからも、この結果は頷ける結果といえよう。

 逆に、商品購入を断念した理由としては「ユーザーレビューの内容が悪い」「利用したい決済手段が使えない」といった回答が高く、加えてスマホメインは「会員登録が必要だったから」「ID・パスワードを忘れた」などの理由も高く出現している。決済手段を充実させるなどといった施策とともに、会員登録の必要性、ID・パスワードを忘れたユーザーへのフォローなど、わかりやすく手軽にサービス利用できる環境を整えることは非常に重要であるといえよう(図5)。

図5:ECサービスにおける商品購入の決め手
図5:ECサービスにおける商品購入の決め手

 デバイスは変化しても、ユーザーの価値観やライフスタイルには普遍的な部分も多いため、スマートフォン向けECサービスにおいてもPCサービスとの共通点は多い。しかし今回の調査結果からは、スマートフォンならではの特徴も数多く出現した。特にユーザーインターフェースに関連する部分については、スマートフォンユーザーの利用環境や行動特性を改めて認識し、ただPC用サイトを簡易化するだけでなく、専用の最適化を検討する必要があるだろう。

スマートフォンにおけるECサービス利用実態に関する調査
調査対象:15歳以上59歳までのスマートフォンを所有する男女個人、直近半年以内にスマートフォンからECサービスを利用した人
調査地域:全国
有効回答数::600サンプル
※事前調査における「直近半年以内におけるスマートフォンにおけるECサービス利用者の性年代別出現割合」を構成比として、下記の割り付けにて回収。
※60代の出現割合は非常に低かったため、除外
調査実施期間:2014年2月7日(金)~10日(月)
調査方法:インターネット調査
調査実施機関:ドコモ・インサイトマーケティング
ドコモ・ドットコム発行「スマートフォンレポート」
ドコモ・ドットコム発行「スマートフォンレポート」
端末の販売動向やユーザーの利用動向などといった、スマートフォンに関する独自調査分析レポートを中心に、NTTドコモへのインタビュー、モバイル広告やメールマーケティング施策に関する記事等を掲載する、モバイルビジネス・マーケティング情報誌。最新号である3月号(Vol.11)は3月25日より配信中。紙媒体ではなく、PDF形式のデジタルメディアとなっており、ウェブサイトにて無料会員登録を行えば、誰でも完全無料にて、すぐにダウンロード・入手可能。バックナンバーも全て入手できる。

■「スマートフォンレポート」ダウンロードはこちらから  

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]