logo

オンライン決済市場の“フリーミアム化”目指す--手数料無料の「SPIKE」公開

井指啓吾 (編集部)2014年04月14日 18時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メタップスは4月14日、オンライン決済サービス「SPIKE」のオープンベータ版を日本国内で提供開始したと発表した。無料と有料の2プラン。プログラミングの知識が要らず、リンクを設置するだけでクレジットカード決済機能をウェブサイトに追加できるという。

キャプション
手数料無料のオンライン決済サービス「SPIKE」

 SPIKEの想定ターゲットは、個人事業主やスタートアップ、中小企業など。個人事業主や小規模事業者向けの「フリープラン」は、初期費用、月額費用、決済手数料などが無料で、月間100万円まで決済できる。同社では今後、無料で利用できる月間の決済上限額を引き上げていき、最終的には完全無料での提供を目指すとしている。

 一方、中規模事業者向けの「ビジネスプレミアム」は、月額3000円で、月間1000万円までを手数料無料で決済できる。月間1000万円を超える部分は、2.5%の決済手数料と30円のトランザクションフィーで利用できる。今後、開発者向けAPIも提供される予定だ。

 メタップスでは、今年度中にSPIKEをUSドルと日本円以外の各国通貨に随時対応させる考え。2016年の目標決済額は年間2兆円。無料と有料の2プランを提供することで、オンライン決済の市場を「フリーミアム」に変えていきたいという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]