logo

講談社、別冊少年マガジンの電子版を配信--今後はバックナンバー配信も

佐藤和也 (編集部)2014年04月09日 17時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は4月9日、月刊マンガ雑誌「別冊少年マガジン」において、電子版の配信を主要電子書店にて開始した。電子版と紙版とは一部の広告と記事を除き、内容は同一で全コミック作品が電子版でも掲載される。今後は毎号電子版の配信を行い、原則的にバックナンバーの配信も続けるとしている。

  • 別冊少年マガジン5月号

 別冊少年マガジンは毎号1000ページ近いボリュームがあり、4月9日発売となる2014年5月号は31作品が掲載、厚さ4.8cmの厚さとなっている。それにより「保管に場所をとる」「重くて持ち歩けない」といった意見もあったことから、場所をとらない電子版の配信を決定したとしている。

 電子化第1弾となる5月号では、同日配信開始となる「進撃の巨人」の単行本最新13巻の続きが読めるほか、そのスピンアウトである「進撃!巨人中学校」「進撃の巨人 Before the fall」「進撃の巨人 悔いなき選択」「寸劇の巨人」を掲載。青春将棋コミック「ナイトぼっち」、ゲームのコミカライズ「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」の2つの新連載がスタートする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]