logo

イー・アクセス、異なる送受信方式によるLTE-Advanced試験基地局を申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは4月4日、総務省に対して1.7GHz周波数帯と3.4~3.6GHz周波数帯の実験試験局免許を申請したと発表した。異なる送受信方式による第4世代移動通信システム(LTE-Advanced)の評価が目的だという。

 今回申請した実験では、総務省が周波数再編アクションプランにおいて新たに確保した1.7GHz帯(帯域幅5MHz×2)と、隣接するイー・アクセスが免許を保有する1.7GHz帯(帯域幅10MHz×2)に加えて、今後第4世代移動通信システムのために割当てが予定されている3.4GHzから3.6GHz帯(帯域幅80MHz)を使用。

 日本初の異なる送受信方式の周波数帯5波(1.7GHz帯のFDD1波、3.4GHzから3.6GHz帯のTDD4波の計5波)を用いたキャリア・アグリゲーションを検証するという。実験試験局の運用は免許取得後の5月から7月を予定しており、設置場所は埼玉県内を予定しているとのこと。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]