logo

サムスン、「Galaxy Tab4」を発表--7、8、10インチの3サイズで提供へ

Rich Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月02日 07時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは「Galaxy Tab4」を正式に発表した。「Android」を搭載する新しいミッドレンジの同タブレットシリーズは、7、8、10インチのサイズで提供される。

 どのサイズのモデルにも1.2GHzのクアッドコアプロセッサと「Android 4.4」(開発コード名:「KitKat」)ソフトウェアが搭載されている。価格と発売日はまだ公表されていない。

 どのモデルにも16Gバイトのストレージがオンボードに搭載されており、7インチモデルについては8Gバイト版も用意されている。

 また、3モデルすべてに、3メガピクセルのカメラとビデオチャット用の低解像度カメラが装備されている。同タブレットはブラックとホワイトの2色が選択可能だ。

 3モデルすべてに1280×800の画面が搭載されている。つまり、最も小さい7インチのモデルが215ppiと最もピクセル密度が高く、8インチモデルは188ppi、10インチモデルは149ppiである。

 Galaxy Tab4は「Galaxy Tab 3」の後継として、サムスンが現在提供する多様なサイズの「Galaxy Tab」端末に追加される。サムスンはこれ以外にも、「NotePro」と「TabPro」シリーズでも多様な製品を提供している。

サムスンの新しいタブレットGalaxy Tab4 10.1
サムスンの新しいタブレットGalaxy Tab4 10.1
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]