logo

オーディオテクニカ、体感できるサラウンドヘッドホン--2.4GHz帯使用のワイヤレス

加納恵 (編集部)2014年03月31日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ATH-DWL700」

 オーディオテクニカは3月31日、2.4GHz帯を使用したワイヤレスヘッドホン「ATH-DWL700/DWL500」を発表した。省スペース設計の置くだけ充電スタイルを採用する。発売は4月25日。店頭想定税別価格はWL700が1万9000円前後、WL500が1万3000円前後になる。

  • 「ATH-DWL500」

 両機種ともに40mmのドライバユニットを搭載した密閉ダイナミック型のヘッドホン。最大約30mのリスニングエリアを実現し、自動で最適なチャンネルを探し、安定したサウンドを再生する「ベストチャンネルサーチ機能」を備える。

  • 置くだけ充電スタイル

 上位機となるDWL700のみ、入力された音に反応して低周波の振動を発生させる新技術「V-ACTモード」と、立体音場が得られる「SRS WOWモード」を搭載。映画やゲームなどサラウンド効果を体感できる。

 両機種ともに音響部と電気部を独立させた「アイソレーション設計」によりクリアな音質を再現。最大3台までの同時接続に対応する。ヘッドホンには充電池を内蔵し、約6時間の充電で、約10時間の連続使用が可能だ。ヘッドホンの重量はDWL700が300g、DWL500が250gになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集