ソニー、BDレコーダー2013年秋モデルをアップデート--「外からどこでも視聴」対応へ

加納恵 (編集部)2014年03月25日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アップデート対応機は「BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510」

 ソニーは3月25日、2013年秋に発売したBDレコーダーをアップデートすると発表した。本体のみで、録画番組の外出先視聴ができる「外からどこでも視聴」機能に対応する。対応機種は「BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510/E510」。ネットワーク環境があればスマートフォンやタブレットから録画番組の視聴が可能だ。

  • 「外からどこでも視聴」の使用イメージ

 現在、ソニーのBDレコーダーでは自宅内のどこからでも視聴ができる「家じゅうどこでも視聴」と、録画番組をスマートフォンやタブレットにダビングして持ち出せる「ワイヤレスおでかけ転送」の2つのワイヤレスな視聴方法を提供している。いずれも「ムービー」「Twonky Beam」「RECOPLA」という複数のアプリを使用しており、外出先から録画予約をするには、さらに別の「CHAN-TORU」アプリが必要だった。

 今回のアップデートにあわせ、使用アプリも「TV SideView」に一本化。これはソニーの液晶テレビ「BRAVIA」にも使用されており、テレビとBDレコーダーが1つのアプリで操作できるようになる。

 TV SideViewは無料で提供されているが、番組視聴、転送機能まで利用する際は初回のみ500円の課金が必要。アプリは同日からAndroid版、4月下旬にはiOS版がリリースされる予定だ。

 アプリをインストールした端末から、録画番組リストを表示させ、番組を選択、再生するだけで視聴ができ、画質モードは720p、360p、180pの3段階から選択が可能。再生のほか番組コンテンツを端末にワイヤレス転送する番組持ち出しや、E510を除く機種では放送中の番組視聴にも対応する。

 BDレコーダーで録画した機器であれば、USB HDD内のコンテンツも見ることができる。同時に複数の端末から視聴することはできず、家じゅうどこでも視聴をしている際に、外からどこでも視聴することもできない。

 なお、放送中の番組視聴は地上デジタル、BSデジタル放送には対応しているが、110度CSデジタル放送については、非対応局があるとのこと。また90日間同じホームネットワーク環境下で使用しなかった場合TV SideViewアプリを再登録する必要がある。

  • BDレコーダー側の設定画面

  • 宅内外のワイヤレス視聴が可能になる

  • 画質は3種類から選択できる


TV SideViewアップデートスケジュール
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加