子ども向け動画アプリ「LINE KIDS動画」--まずはiPhoneから

佐藤和也 (編集部) 藤井涼 (編集部)2014年03月20日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは3月20日、無料通話・メッセージアプリ「LINE(ライン)」の新サービスとして、子ども向けの動画配信アプリ「LINE KIDS動画」を発表した。まずは近日中にiPhone版の提供を開始し、春をめどにAndroid版も提供する予定。

 LINE KIDS動画では、「ドラえもん」「ポケットモンスター」「プリキュア」「仮面ライダー電王」「炎神戦隊ゴーオンジャー」「きかんしゃトーマス」「赤毛のアン」など、LINEが厳選した28タイトル、1500本以上の動画コンテンツを配信。今後もラインアップを拡充していく。

 料金プランは、時間制限のある無料プランと、2つの定額見放題プランを用意。無料プランで提供する「タイマーシステム」機能では、1日最大40分間まで無料で視聴できる。無料試聴時間は、ソーシャルゲームのように8時間で5分、1日で15分が自動でチャージされる仕組みだ。LINEの友だちに“タイマー”をおねだりすることで、1日最大15分まで無料試聴時間を増やせる。

 有料プランは、全タイトルの中から毎月LINEが選んだ合計約300エピソードを月額500円で何回でも視聴できる「LINE チョイス見放題プラン」と、1つの番組を月額400円で何回でも視聴できる「番組見放題プラン」の2種類を用意した。なお、子どもが勝手にアプリを起動しないための「チャイルドロック」機能や、動画の視聴時間を管理できる「視聴時間履歴」機能も搭載する。

  • 配信作品シリーズの一部

  • 無料視聴できるタイマーでは、LINEの友だちにおねだりして時間を増やす独特の機能も

  • チャイルドロック機能や視聴時間履歴などの管理機能も搭載

 今回のサービス導入の背景には、スマートフォンの普及により子どもがさまざまなコンテンツに触れる機会が増加していることが挙げられる。中でも、動画を視聴している子どもが多く、暴力的、性的な表現を含むコンテンツに意図せず触れてしまうリスクも存在する。

 登壇したLINE執行役員の舛田淳氏も、自身の子どもが意図しない形で動画を視聴してしまったことが実際にあったと説明。開発段階では社内外含め、子どもを持つさまざまな親から、実際に子どもが利用する際にどのようなことが危険かを聞いて開発を進めたという。

  • 子供のスマートフォン使用率は85%にもおよぶ

  • 子供のスマホ利用方法では動画閲覧が多い

 動画のラインアップについては、大人が見せたい作品を押しつけるのではなく、あくまで子どもが見たいと思うもので安心して見せられるものを中心にそろえたとしている。

 質疑応答のなかでは、1日で15分のチャージというのは一般的なテレビアニメ1話よりも短い時間であるため、さらなるおねだりを助長するのではという質問があったが、企画開発を担当した岩村直人氏は、その点について親子が会話する機会を設けるために15分に設定したと説明。舛田氏も「スマホだけではなくゲームやテレビなど、遊びにおける家庭内でのルールが重要であり、一緒に使ってもらうプロセスが大事」とコメントした。

  • 舛田淳氏(左)と、岩村直人氏(右)。ちなみにiPhone版については、Appleの審査が通り次第すぐに配信するという

  • 東映アニメーション取締役の清水慎治氏(中央)は、プリキュアシリーズから「スマイルプリキュア!」を提供することを発表。きかんしゃトーマスなどで知られるHIT Entertainmentのアジアパシフィック代表の井上ブライズ氏(右)登壇した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加