ソニー、ウォークマン「ZX1/F880」でDSD再生が可能に--Media Goとともにアップデートへ

加納恵 (編集部)2014年03月19日 18時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月19日、ハイレゾ再生に対応した「ウォークマン NW-ZX1/F880シリーズ」をアップデートすると発表した。DSDフォーマット再生に対応する。アップデート開始は4月下旬。詳細はウェブサイトにて案内する。

  • 「ウォークマン NW-ZX1」

 対応機種はNW-ZX1、NW-F885/F886/F887。DSDフォーマットをリニアPCMに変更することで再生が可能になり、DSD 64(2.8MHz)まで対応する。

 あわせて、コンテンツ管理や転送、再生ができるソフト「Media Go」を「Media Go 2.7」へとアップデートする。これによりDSDフォーマット再生対応ウォークマンへのDSD音源の転送が可能になるほか、Media Goに保存されているコンテンツを、ネットワーク経由で再生できるようになる。提供開始は3月19日から。DSD転送機能は、4月下旬に予定しているウォークマン本体ソフトウェアアップデートにて対応となる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加