アドビ、第1四半期決算を発表--「Creative Cloud」が引き続き好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年03月19日 16時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは、クラウドサブスクリプションの獲得を続ける中、2014会計年度第1四半期の利益と売上高が同社予想範囲に対し良好な値となった。

 Adobeは米国時間3月18日、第1四半期決算を発表した。売上高は10億ドル、利益は4705万ドル(1株あたり9セント)だった。調整後1株あたり利益は30セントで、予測を4セント上回った。

 今回の四半期決算で主に重要なのは、「Creative Cloud」のサブスクリプション数を前年同期から40万5000件増やしたことと、Creative関連事業で年間の経常収益が10億ドル近くなったことだ。

 Adobeの最高経営責任者(CEO)であるShantanu Narayen氏はプレゼンテーションで、同社のCreative Cloudにおける新機能がこれまでに高い評価を得ていると述べた。

 今後の見通しについて、Adobeは第2四半期の売上高が10億~10億5000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は26~32セントになると予測した。アナリストらは、1株あたり利益を26セントと予測している。

 Narayen氏は電話会見で、多くのアナリストから業界トップの評価を受けているAdobeのマーケティングクラウド製品がますます好調なことを指摘した。「大局的に見た場合、われわれは引き続き、当社のソリューションすべてに非常に高い認知度と牽引力があると考えており、ユーザーが単体の製品よりもむしろ新たなソリューションを採用していると考えている」(Narayen氏)

 そのほか重要なポイントは次のとおりだ。

  • サブスクリプションの契約期間は平均で約18カ月だが、中には3年の契約もある。
  • 全体として、Creative Cloudへの登録件数が「PhotoShop」などの単体製品の登録件数を上回っている。
  • 同社幹部は、Creative Cloudの次期アップデートによって、顧客ベースはサブスクリプションモデルへと移行していくと考えている。その理由は、最後にリリースされたオンプレミススイート「Creative Suite 6」が今後陳腐化して見えてくることだ。

 主な数値は、以下のとおり。

  • Adobeのマーケティングクラウド関連売上高は、前年同期比で24%増だった。同社は、このペースでいくと契約数の成長目標である30%を達成する見込みだとしている。
  • 売上高は54%を米国が占め、続いて欧州、中東、アフリカ(EMEA)地域が30%、アジア地域が16%となった。
  • 第1四半期末時点の繰延収益は8億8100万ドルだった。
  • Adobeの同四半期末の現金および現金同等物は31億3000万ドルだった。

提供:Adobe

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加