タイトー、セガ、バンナムがアーケード用音楽ゲームでコラボ--超会議3でイベントも

佐藤和也 (編集部)2014年03月18日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトー、セガ、バンダイナムコゲームスの3社は、アーケード用音楽ゲームでのコラボ企画「ゲーム ミュージック トライアングル」を実施することを発表した。

 対象としているゲームは「グルーヴコースター(アーケード版)」(タイトー)、「maimai GreeN PLUS」(セガ)、「太鼓の達人」(バンダイナムコゲームス)の3つ。

 コラボ企画第1弾として、3タイトルでコラボ楽曲を4月中旬より同時配信。コラボ楽曲は、各社の不朽の名作ゲームの中から人気が高い楽曲を、各社のサウンドチームがそれぞれ新しくアレンジした3曲。この3曲がすべて、3つのゲームに同時配信され遊べるようになる。なお、コラボ楽曲がどの名作ゲームから選ばれるのかは後日発表の予定。

 4月26日と27日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議3・超ゲームエリア」において、コラボを記念したステージイベントを開催。3つのゲームが無料で遊べる試遊コーナーも設置する。

  • 「グルーヴコースター(アーケード版)」

    (C)TAITO CORPORATION 1978,2014 ALL RIGHTS RESERVED.

  • 「maimai GreeN PLUS」

    (C)SEGA

  • 「太鼓の達人」

    (C)NAMCO BANDAI Games Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加