スマホゲーム「ラブライブ!」のユーザー数が200万人に--1周年記念キャンペーンも

佐藤和也 (編集部)2014年03月12日 17時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KLabは3月12日、ブシロードと共同開発したスマートフォン向けゲームアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」について、2月24日付けでユーザー数が200万人を突破したことを発表した。

  • 200万人突破告知画像

 本作は、多方面に展開しているスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」をテーマにしたリズムアクション&アドベンチャーゲームとなっている。200万人突破の記念として、3月13日より7日間、課金アイテムである「ラブカストーン」をログインの有無を問わず1日1個ずるプレゼントするキャンペーンを行う。

 また、配信開始1周年を記念するキャンペーンを4月から行うこともあわせて発表。ログインボーナスのほか、テレビアニメ1期Blu-ray初回限定盤の特典CDに収録されている楽曲を、日替わり楽曲として4月中旬より順次配信予定。4月15日より、μ’s(ミューズ)メンバーの新規Rカード9枚を特待生勧誘及び一般生勧誘に追加する。

 このほか、KADOKAWAから発売されている小説「School Idol DiarySchool Idol Diary」とコラボしたシナリオ付きソロ曲イベントの配信や、ユーザー投票企画「μ’sサマーガール決定戦!」と「転入生総選挙!」の開催、本作の攻略本&イラスト集の発売など、第7弾まであるキャンペーンを順次展開する。

  • 新規Rカード(通常)レッスン着の高坂穂乃果

  • (覚醒)「僕らは今のなかで」衣装

  • サマーガール決定戦告知バナー

    (C) 2013 プロジェクトラブライブ! (C)KLabGames (C) bushiroad All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加