logo

PDF変換や注釈記入も--多彩なPDFの処理機能を持つiOSアプリ「PDF Connect」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「PDF Connect」は、PDFにまつわる多彩な処理が行える統合アプリだ。ファイラーとしての機能を軸に、他形式からPDFへの変換機能、ページの移動や削除機能、注釈機能などAcrobatと遜色ない機能を備えるほか、カメラを使ったスキャナ機能もサポートしている。

  • ファイル一覧。各ファイルを選択すると下段にアイコンが表示され、AirDropによる転送やアップロード、リネーム、他形式からPDFへの変換、別のアプリでの表示が行える

 ファイルの取り込み方法は、ブラウザダウンロード、URL指定の直接ダウンロード、Wi-Fiでの直接転送のほか、WebDAV、FTPをサポート。またクラウドストレージは、Dropbox、Googleドキュメント、Box、SugarSync、Mydiskなど多岐にわたって対応している。

 変換・編集関連の機能としては、オフィス文書など他形式からPDFへの変換をサポートするほか、ページの削除や移動、白紙ページ追加などが行える。またファイルの圧縮や解凍機能に対応するほか、ブックマークを追加できたり、プライベートフォルダの表示と非表示を切り替えられるなど、ファイラーとしても強力だ。

 また充実しているのが注釈関連の機能で、マーカー、下線、取り消し線、線、矢印、スタンプ、四角、円など、Acrobatとほぼ同等といってよい機能を備える。ただしAcrobatで作成した注釈付きのPDFファイルを表示した際、テキストボックスなど図形にまつわるマークアップツールの一部が空白になる現象が見られたので、他アプリで作成した注釈付きPDFを表示する際は注意したほうがよいだろう。

 このほか、カメラロールの画像を読み込んでPDFファイルに変換したり、カメラで撮った画像を変換することもできる。台形補正やホワイトバランス調節などの機能も備えるなど、スキャナアプリと遜色ない機能を備えているのも秀逸だ。

 ややネックなのが、メニューは日本語化されているものの、文字数が足りずファイル名の一部が表示できない場合があったり、アイコンだけでは直感的に意味が把握しにくい場合があること。機能の豊富さでは突出しているだけに、これらがブラッシュアップされれば、さらに使い勝手が向上するだろう。

  • ファイルの取り込み方法は、Wi-Fiでの直接転送のほか、ブラウザダウンロード、オンラインストレージからのダウンロードなど多彩

  • オンラインストレージはDropboxのほかGoogleドキュメント、Box、SugarSyncなどに対応。WebDAVやFTPもサポートする

  • PDFについてはサムネイルで内容を表示できるが、拡張子の表示が優先されるためファイル名が省略されるのがネック。複数ファイルを選択しての移動やフォルダ作成、圧縮なども行える

  • PDFを表示したところ。各ページのサムネイル表示にも対応する

  • 「マーカー、下線、取り消し線、線、矢印、スタンプ、四角、円など多彩な注釈ツールを上部のメニューバーから選択して利用できる

  • ページの削除や入れ替え、白紙ページの追加に対応する。ファイルの結合や分割には非対応のようだ

  • テキストを抽出できるリフロー処理もサポート。文字サイズや背景色も変更できる

  • 写真またはカメラロールから画像を読み込み、台形補正やホワイトバランス調整を行ってPDFに変換する機能を備える

  • 右綴じにこそ対応しないものの、スクロールモードを水平と垂直から選べるなど、細かいカスタマイズが可能。ページの自動送り機能も備える

>PDF Connectのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集