日本製3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ)」新製品--高精細でより大規模な作品にも対応

坂本純子 (編集部)2014年03月03日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンキューブは3月3日、日本製パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ)X9」を3月14日に発売すると発表した。本体価格は22万500円。カラーはシルバーとブラックの2種類がラインアップする。

「SCOOVO(スクーボ)X9」
「SCOOVO(スクーボ)X9」

 同社のスタッフによって設計され、国内の製造工場で生産されている国産の3Dプリンタだ。購入後の問い合わせやサポートも的確に行なえる。

 最少積層ピッチは50μ(0.05mm)、X9の最大造形サイズは、高さ240mm×幅200mm×奥行き170mmで、すでに発売されているC170よりも高精細で大規模な作品を作成できるようになる。重さは約16.5kgで、サポートOSはWindowsだ。なお、C170はしばらく併売するとのこと。

 今回、発売する X9は、ものづくり関連企業や、教育機関で活用してもらうため、低価格でありながらも工業用3Dプリンタに迫る高精緻な造形や造形サイズを可能にするなど、さまざまな改良を重ねたという。X9は一般家庭はもちろん、日本のものづくり関連企業や教育機関などさまざまなシーンで活用してほしいとしている。

  • より高精細な作品を作成できるようになった

  • より大きなオブジェクトを作成できるようになった

  • ベッドの角度やクリアランスの調整には、独自のアジャストスクリューが対応

  • 3軸のシャフト、リニアブッシュ、プーリーなど、主要部品の日本製構成比率を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加