logo

JVC、防水など4つの保護機能と連続約4時間半撮影を実現した全天候型「Everio」

加納恵 (編集部)2014年02月27日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「GZ-R130」

 JVCケンウッドは2月27日、JVCブランドのビデオカメラ「Everio」に防水、防塵、耐低温、耐衝撃に対応した「GZ-R130」を追加した。大容量バッテリを備え、最長4時間半の連続撮影も可能だ。発売は4月上旬。店頭想定価格は7万5000円前後になる。

 IPX8相当の防水、IP5X相当の防塵に加え、マイナス10度の耐低温、1.5mの耐衝撃と、4つの保護機能を搭載した全天候型のオールウェザームービー。大容量の内蔵バッテリを採用することで、約4時間半の長時間連続撮影を実現する。別売のモバイルバッテリチャージャー「ZM-MB520」を使用すれば、電源のない場所での充電も可能だ。

 64Gバイトの内蔵メモリとSDカードスロットを備え、内蔵メモリに最大約27時間40分の撮影が可能。総画素数251万の1/5.8型裏面照射CMOSセンサを搭載し、最大229万画素の静止画と、AVCHD形式の1920×1080/60pの動画撮影に対応する。

 Wi-Fi機能も備え、専用アプリ「Everio sync. 2」をインストールしたスマートフォンやタブレットから、ズームや録画スタート、ストップなどの操作をすることも可能。インターネット経由でモニタリングができるほか、撮影した動画や静止画をスマートフォンやタブレットへ転送することもできる。

 遠くの被写体も大きく撮影できる、光学40倍、ダイナミック60倍のズームレンズを装備。撮影シーンを自動で認識、判別する「インテリジェントオート撮影」機能は、撮影シーンを284パターンから判別し、最適な映像撮影ができるとしている。

 サイズは高さ59.5mm×幅60mm×奥行き122mmで、重量約290g。ブラックとレッドの2色をそろえる。

-PR-企画特集