logo

[ウェブサービスレビュー]PDFをレイアウト重視でWord形式に変換する「Convert PDF to Word Online for Free」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Convertpdftoword.net
内容:「Convert PDF to Word Online for Free」は、手持ちのPDFをWordファイルに変換してくれるウェブサービスだ。レイアウト優先でWord形式に変換してくれるので、なるべく見た目を崩さずにPDFをWord文書化したい場合に向いている。
  • 「Convert PDF to Word Online for Free」トップページ。有料ソフトウェアの販売ページの中に設置されているが、このオンライン変換機能は無料で使える。会員登録などもとくに必要ない

 「Convert PDF to Word Online for Free」は、手持ちのPDFをWordファイルに変換してくれるウェブサービスだ。レイアウト優先でWord形式に変換してくれるので、なるべく見た目を崩さずにPDFをWord文書化したい場合に向いている。

 使い方は簡単で、「ファイルを選択」ボタンを押してPDFファイルを選び、「Convert and Download」ボタンを押すとアップロードが始まり、自動的に変換されたのち、「Download」ボタンが表示されるので、クリックしてローカルにダウンロードするだけ。サイトは英語だが、機能はひとつだけでオプション項目もないため、英語が苦手でも問題なく扱える。

 本サービスが類似サービスと大きく異なるのは、見た目の再現性が非常に高いことだ。類似サービスでは、Wordに変換する時点で見た目がまったく異なってしまい、おかしなレイアウトになってしまうことが多々あるが、本サービスではそれが発生しにくい。その理由は、Wordの余白設定など、Wordならではのレイアウトをほぼ無視し、テキストを一行ごとにレイアウト枠をつけて貼り付けているためだ。

  • 「ファイルを選択」ボタンを押してPDFファイルを選び、「Convert and Download」ボタンを押すとアップロードが始まる

  • 変換が終わると「Download」ボタンが表示されるので、クリックしてローカルにダウンロードする

  • Wordに変換されたファイル。見た目はまったく違和感がない

 そのため、本サービスを用いてPDFから変換したWordファイルと、PDFに変換する前のWordファイルを比べた場合、余白やインデントなどの設定はまったく異なるが、見た目はほぼそっくりというWordファイルができあがる。テキストが行単位でレイアウト枠に分割されているため、段落ごとコピーすることができず、コピーする場合は行ごとにコピーしてあとで合体させる必要がある。

 以上のように、用途によってかなり評価が分かれそうな仕様だが、再度PDFに書き戻すことを前提に、なるべく元ファイルのレイアウトを維持したい場合など、利用に向いたシーンは多々ありそうだ。試した限りでは20MB近いPDFファイルも変換できるなど、サイズ的にもそこそこ余裕があるようなので、PDF変換サービスの一つとして知っておけば重宝するだろう。

  • もっとも実際には、このように背景が1枚の画像になっているなど、Wordの作法をあえて無視し、レイアウトを再現することに注力している

  • 本サービスで変換した別のファイル。テキストが1行ごとにレイアウト枠に入れられているため段落ごとコピーできないが、見た目には違和感がないので、レイアウトの再現性を優先したい場合に適する

  • こちらはPDFを生成する前のもとのWordファイル。さきほどのWord文書と比べると、余白を示す上端の記号がWordデフォルトの位置にレイアウトされていたり、改行記号が行やフレーズ単位ではなく段落単位で付与されていることがよく分かる

-PR-企画特集