「Google マップ」がデザインを刷新--3D地図も標準搭載

藤井涼 (編集部)2014年02月20日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは2月20日、地図サービス「Google マップ」のPC版のデザインを刷新したことを発表した。米国で2013年5月に発表されたもので、日本でも一部のユーザーに提供していたが、今後数週間にかけてすべてのユーザーに適用する。

 Google マップ プログラムマネージャーの村上陽祐氏によれば、2005年に公開したPC版のGoogle マップは、現在145ドメイン、69カ国語に対応し、月間アクティブユーザー数は10億人におよぶという。また、モバイル版のGoogle マップは118カ国に展開し、月間アクティブユーザー数は3億人におよぶそうだ。

 新デザインのGoogle マップは、地図を全画面表示にすることで、それぞれのユーザーが求める情報を確認しやすくした。左上の検索ウインドウにキーワードを入力して、飲食店を調べたり経路検索ができるほか、「おみせフォト」や「ストリートビュー」で店内や街の様子を事前に把握できる。

  • Google マップ プログラムマネージャーの村上陽祐氏

  • 従来の「Google マップ」。画面左に情報を表示していた

  • 新デザインの「Google マップ」では、地図を全画面表示にした。キーワードを入力するとすぐ下に情報が表示される

  • レストランを一覧で表示

  • 乗り換え案内をグラフ化してひと目で分かるようにした

  • 3Dマップにもすぐにアクセスできる

 また、これまでソフトをダウンロードしたり、ブラウザのプラグインをインストールする必要があった「Google Earth」を標準搭載。ブラウザ上ですぐに3D地図が見られるようになった。

 新しいGoogle マップを利用するには、Windows XP以降(Firefox除く)、またはMac OSX以降を搭載したPCで、Google Chrome、Firefox、Safari 6以上、Internet Explorer 10以上のブラウザからアクセスする。なお、3Dマップを利用するにはWindows Vista以降、またはMac OS 10.8.3以降のPCで、Google ChromeまたはFirefoxの最新バージョンからアクセスする必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加