logo

「PS4」がいよいよ日本発売--これまでの動きを振り返る

佐藤和也 (編集部)2014年02月21日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、2月22日に据え置き型新ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)を日本国内で発売する。価格は4万1979円。周辺機器「PlayStation Camera」をセットしたものは4万6179円。

 描写力と処理性能の向上を図っているほか、PS4専用ワイヤレスコントローラ「DUALSHOCK 4」に搭載された SHARE(シェア)ボタンを押すだけで、ゲームプレイのスクリーンショットをFacebookやTwitterで共有したり、 プレイ動画をUstreamやTwitchで生放送したりできることが特長だ。日本ではニコニコ生放送にも今春に対応予定としている。

 PS4は米国ニューヨークにて、現地時間の2013年2月20日に発表。11月15日に北米で販売を開始した。ここでは、PS4の日本発売までの流れを振り返る。

◇PlayStation Meeting 2013でPS4が発表

 米国のニューヨークにて、現地時間の2013年2月20日に行われた「PlayStation Meeting 2013」でPS4は発表された。このときは、DUALSHOCK 4やSHARE機能、クラウド技術を活用したサービスを提供することを発表。一方で価格や本体デザインについては公表されなかった。

正式発表が待たれる「PlayStation 4」--搭載機能や価格を予想する
「PlayStation Meeting 2013」に先駆けPSビジネスを振り返る動画公開
PS4コントローラ「DUALSHOCK 4」の姿も明らかに--タッチパッド搭載
ソニー、「PlayStation 4」のストリーミング機能とシェアリング機能を強調
「PlayStation 4」発表イベントの様子--新型コントローラなどを披露
「PlayStation 4」に関する5つの疑問--謎を残した発表イベント

◇E3では本体デザインと北米、欧州向けの価格を発表

 次に発表があったのは、米国時間6月10日にロサンゼルスにて行われた「プレイステーション E3 2013 プレスカンファレンス」。ここで本体デザインを公開するとともに、北米や欧州での価格を399USドル、399ユーロと発表。中古ゲームの扱いに関して、制限を設けないことを明らかにしたことも話題となった。

「PS4」はゲーマーを最優先に考えたデバイス--ソニー平井社長
SCE、新ゲーム機「PlayStation 4」の本体デザインが公開
PS4、中古ゲームがプレイ可能に--ディスク版ソフトのオフラインプレイで認証せず
さまざまな角度から見た「PlayStation 4」の本体デザイン
「PlayStation 4」の第一印象--使用感や機能、今後の展望など

◇gamescomで北米、欧州向けの発売日を発表

 ドイツのケルンにて現地時間8月20日に開催された「gamescom」のカンファレンスで、北米では11月15日、欧州で11月29日に発売予定であることを発表した。

ソニー、「PlayStation 4」発売日を発表--北米で11月15日、32カ国で年内に

◇3カ月遅れの日本発売にさまざまな意見

   日本での発売日と価格が発表されたのは、9月10日に行われた「ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)プレスカンファレンス」。新型PS VitaやPS Vita TVの発表でにぎわった一方で、PS4が北米や欧州から約3カ月遅れて発売することに、さまざまな意見が飛び交った。その後の東京ゲームショウ2013にて国内で初お披露目となった。

「PlayStation 4」の日本発売が2月22日に決定--価格は4万1979円
TGS2013でPS4が国内初お披露目--PS Vita TV、新型PS Vitaも
「PlayStation 4」で重視する4つの柱--SCEアンドリュー社長

◇北米を皮切りに販売開始

 11月からは北米や欧州など相次いでPS4が発売。2013年末の時点で世界累計実売数が420万台を突破するなど好調な滑り出しを切った。

ソニー「PlayStation 4」、北米で発売--各地で深夜にファンが行列
ソニー「PlayStation 4」レビュー(前編)--使用感、「PS3」「Xbox One」との比較など
ソニー「PlayStation 4」レビュー(後編)--使用感、「PS3」「Xbox One」との比較など
「PlayStation 4」、iFixitが早速分解--「修理しやすさ」で高評価
SCE、北米でのPS4発売開始後24時間で100万台以上を実売

◇まもなく日本発売へ

 2014年に入り、1月にはプレイステーションのストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」が発表。販売台数も2月8日の時点で530万台を突破した。日本では発売に向けて特設サイトの開設や体験会を各地で開催。さらに、PS4との連携やPS Storeでのコンテンツ購入が可能となるiOS/Android用アプリ「PlayStation App」も、すでに配信されている。発売前日となる2月21日には銀座ソニービルにて記念イベントを開催。カウントダウンを行い、一部ユーザーに日付が変わった0時より先行販売を行うとしている。

ソニー、ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」を発表
ソニーの「PlayStation Now」、プレイした感想と今分かっていること
SCE、PS4の世界累計販売数が530万台を突破
SCEJA、PS4のプロモーションサイトを開設--体験会開催も
SCEJA、PS4発売前夜に記念イベント--先着で先行販売も

-PR-企画特集