logo

ソチ五輪を支える最新技術の数々--仮想通貨からドローンまで - 7/10

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年02月19日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 The Washington Postによると、米国のボブスレー選手と協力して構造設計を最初から作り直す作業のために、BMW USAがエンジニアチームをアサインしたという。航空宇宙の応用に用いられることが多いカーボンベースの素材を使うことで、機体の重量が十分に軽減され、軽量で集中型の主要部分を作ることができた。人間工学も重要だ。例えば、内部の無駄をなくすことにより、選手が助走から機体に飛び乗りやすくなる。
Scroll Right Scroll Left

 The Washington Postによると、米国のボブスレー選手と協力して構造設計を最初から作り直す作業のために、BMW USAがエンジニアチームをアサインしたという。航空宇宙の応用に用いられることが多いカーボンベースの素材を使うことで、機体の重量が十分に軽減され、軽量で集中型の主要部分を作ることができた。人間工学も重要だ。例えば、内部の無駄をなくすことにより、選手が助走から機体に飛び乗りやすくなる。

提供:BMW

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]