logo

ドコモ、自宅の愛犬を見守れるサービス「ペットフィット」を3月に提供

藤井涼 (編集部)2014年02月13日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月13日、自宅の愛犬の様子を確認したり、日々の健康管理ができるサービス「ペットフィット」を3月に提供することを発表した。前払いのプリペイド方式を採用しており価格は2万5900円(税別)。ここにはペット専用端末の代金や約1年分に相当する通信料、各種サービスの利用料などが含まれているという。まずは全国のドコモ取扱店やドコモオンラインショップで販売し、動物病院やペットショップなどでも順次販売する予定。

 ペットフィットでは、3G通信機能や各種センサーを搭載した重さ29gの専用端末「ペットフィットタグ01」(タグ)を愛犬に装着し、自宅などに設置した「ペットフィットステーション01」(ステーション)とBluetoothで連携させることで、部屋を歩いている、寝ているといった愛犬の様子を、外出先のスマートフォンやPCから確認できる。タグとステーションの接続が10分以上途切れると愛犬が迷子になったと判断し、事前に指定したメールアドレスに通知するとともに、タグに搭載されたGPSで居場所を表示する。

  • スマホでペットの様子を見守れる「ペットフィット」

  • 重さ29gの「ペットフィットタグ01」を愛犬に装着する

  • 愛犬の情報はクラウド上に蓄積され、マルチデバイスからアクセスできる

 愛犬の様子や周辺温度はクラウド上へ送信され蓄積されるため、いつでもスマートフォンなどからカロリー収支や歩数、睡眠時間などをグラフ化して確認できるほか、愛犬の各種データをもとにした獣医師監修によるコメントや「ふれあいプログラム」などの健康管理サービスを利用できる。

 同日の記者発表会で登壇したNTTドコモ M2Mビジネス部長の高原幸一氏は、日本では約1100万頭の犬が飼われており、ペット関連市場は1兆4000億円にのぼると説明。ドコモのモバイル技術やサービスを生かして、このペット市場で新たな顧客を獲得したいと意気込む。また、クラウドに蓄積されたビッグデータを活用することで、将来的にはペットの病気の早期発見や生活習慣の改善につなげられるとした。

  • NTTドコモ M2Mビジネス部長の高原幸一氏

  • ペット市場は1兆4000億円規模

  • 「ペットフィット」の利用イメージ

  • 愛犬のカロリー収支を表示する

  • 蓄積したビッグデータを活用して病気の早期発見などに役立てる

  • ゲストとしてモデルの道端アンジェリカさんが愛犬とともに登場

 ペットフィットでは月額ではなくプリペイド方式の専用料金プラン「プリペイドデータプラン 75MB」が適用される。データ通信量が75Mバイトに達するまで利用可能(最大365日)で、サービス利用期間から30日後までに更新手続きができる。更新料は7500円で、更新しなかった場合は自動的に解約されるという。

-PR-企画特集