logo

LINE、2013年度の売上額は343億円--ゲーム課金が6割

藤井涼 (編集部)2014年02月06日 13時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは2月6日、2013年10~12月期と2013年通期の連結業績を発表した。グループ会社も含めた10~12月期の売上高は前四半期比16%増の159億円で、通期の売上額は518億円だった。

 また、基幹事業である無料通話・メッセージアプリ「LINE」事業の10~12月期の売上額は122億円で、前四半期比で20%増、前年同期比で450%増となった。通期の売上額は343億円だった。LINE事業における売上成比は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%、公式アカウントやスポンサードスタンプなどが約20%となる。

 LINEでは、2013年7月よりアップルやグーグルのアプリストアに支払う30%の決済手数料を除いた金額のうち、開発会社との契約に基づいてLINEが受け取る金額だけを売上として計上する「ネット計上」で売上額を算出している。今回より、過去の売上額についてもネット計上に統一しているという。


LINE事業の業績の推移

 LINEの最新のユーザー数は世界で3億4000万人となっており、インドやメキシコ、ベネズエラなどで新規ユーザーが増加しているという。LINE GAME事業では、新たにフィンランドやフランスなど欧州の開発会社と協力したタイトルを展開し、ゲーム数が51タイトルまで増えている。またスタンプ事業では、世界各国で現地のローカライズスタンプを積極的に配信しているという。

-PR-企画特集