logo

トライフォート、WiLを相手先とする総額4億円の第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライフォートは、WiLが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約4億円を調達したと発表した。同時に、難波俊充氏をトライフォートの社外取締役として選任した。

 調達資金は、経営基盤の強化を図ると共に、スマートフォンアプリを中心とした新規サービスの開発に充て、世界市場に向けての展開を目指すとしている。

 トライフォートは2012年8月に設立。ソーシャルおよびスマートフォン領域に特化したアプリケーションの受託開発と運用事業、マネージドクラウド事業を展開している。

 WiLは、日本大手企業連合の出資によるベンチャー投資育成企業として、米国・シリコンバレーおよび東京・港区に拠点を置く。日本の大企業とベンチャーとシリコンバレーをつなぎ、国内のオープンイノベーションの促進と、次世代を担う日本人起業家を育てるプラットフォームの構築を目的としている。

-PR-企画特集