NTTぷらら、クリエーター応援プロジェクトを開始--クラウドファンディングを活用

加納恵 (編集部)2014年01月30日 18時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTぷららは1月30日、クラウドファンディングを活用したクリエーター応援プロジェクト「ひかりTVドリーム」を開始すると発表した。第1弾として学生クリエーター制作によるゲームコンテンツを「ひかりTVゲーム」のプラットフォーム上で無料公開する。

 同社では2013年10月に、ひかりTVゲームにおいてゲームクリエーターを支援する施策を発表。今回、アプリなどのコンテンツサービスも対象とし、「ひかりTVドリーム」の名称でクリエーター応援プロジェクトを展開していく。

 ひかりTVドリームでは、クリエーター教育機関の学生が制作したコンテンツを、ひかりTVのプラットフォーム上で無料コンテンツとして展開し、ユーザーに提供。人気コンテンツはクラウドファンディングを活用してユーザーから投資を募り、クリエーターを金銭的に支援する。ファンドが目標金額に達し次第、クリエーターは次回作の商用化に向けて制作し、ファンド出資者には売上に応じて分配金と投資家特典が提供されるという。

 第1弾となるのはHAL大阪の製作チーム「ロコニコproject」が手がけた3Dパズルゲーム「TRANTH(トランス)」。1月30日からひかりTVゲーム上で無料で公開される。


「ひかりTVドリーム」取り組みイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加