logo

オリンパス、ミラーレス一眼「OM-D E-M10」や「OM-D E-M5 PROレンズキット」などを発売

エースラッシュ2014年01月30日 20時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは1月29日、大型電子ビューファインダを備えたマイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10」や「OM-D E-M5 PROレンズキット(エリートブラック)」、各種レンズなどを2月末から順次発売すると発表した。

<OM-D E-M10 14-42mm EZレンズキット> 「OM-D E-M10」 + 「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」
<OM-D E-M10 14-42mm EZレンズキット> 「OM-D E-M10」 + 「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」

 OM-D E-M10は、小型軽量ボディに1605万画素のLive MOSセンサと画像処理エンジン「TruePicVII」、見やすい大型高速電子ビューファインダを備えたミラーレス一眼カメラ「OM-D」シリーズのエントリーモデルだ。ボディ内3軸VCM手ぶれ補正機構、81点FAST AF、最大8コマ/秒の高速連写など、多彩な機能を搭載している。ボディカラーはシルバー(2月末発売)とブラック(3月末発売)の2種類をラインアップする。

 市場想定価格は、ボディ本体が8万円前後、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」付属の「EZレンズキット」が9万5000円前後、上記に加えて「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」付属の「EZダブルズームキット」が11万円前後となっている。

  • <OM-D E-M10 EZダブルズームキット> 「OM-D E-M10」 +「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」

 OM-D E-M5 PROレンズキット(エリートブラック)は、ミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M5」にブラックのレザートーン塗装を施し、昨年秋発売の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」レンズと組みあわせたセットモデル。メインダイヤルとサブダイヤルをリファインしたほか、新ファームウェア「Ver.2.0」によりISO LOW(100相当)とスモールAFターゲットにも対応している。発売は3月を予定しており、市場想定価格は15万円前後。

  • 「OM-D E-M5 (エリートブラック)」 + 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

 そのほか、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した各種交換レンズも2月下旬より発売となる。ラインアップは、電動式ながら極薄のパンケーキズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」(35mm判換算 28-84mm)と、小型軽量の高画質標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」(35mm判換算 50mm)の2種類。希望小売価格はいずれもが4万4100円だ。

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ (ブラック、シルバー)

  • 「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」 (ブラック / シルバー)

  • マクロコンバーターレンズ「MCON-P02」 ステップアップリング(同梱)セットイメージ

 さらに今回はOM-D E-M10の発売を記念して、「OM-D E-M10 予約キャンペーン」と新製品体感イベント「OLYMPUS PhotoFesta 2014」も実施する。予約キャンペーンの対象製品はOM-D E-M10のボディ/EZレンズキット/EZダブルズームキットで、1月29日から各製品発売日前日までに予約して購入、応募したユーザーに対し、予約特典として新製品マクロコンバータレンズ「MCON-P02」をもれなくプレゼントする。新製品体感イベントについては、2月22日から福岡、大阪、名古屋で順次開催予定だ。

-PR-企画特集