JVC、ハイレゾ対応のウッドコーンオーディオシステム--新「K2テクノロジー」搭載

加納恵 (編集部)2014年01月29日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは1月28日、JVCブランドからウッドコーンオーディオシステム「EX-N70/N50」を発表した。独自の高音質化技術を盛り込み、ハイレゾ音源対応機へと進化させた。発売は2月上旬。店頭想定価格はN70が12万円前後、N50が10万円前後(いずれも税抜)となる。

 ウッドコーンオーディオシステムは、スピーカの振動板に木を用いたウッドコーンが特徴のオーディオシステム。木の持つ響きを生かしながら豊かな音を再生できるとしている。

 N70/N50は、DLNA1.5に準拠したネットワーク機能を備えたセンター部とスピーカから構成される。センター部には、一般的に可聴帯域と言われる20kHz内のノイズレベルを従来モデルに比べ極限まで低減させたデジタルアンプ「DEUS(デウス)」と、ビット拡張、帯域拡張、波形補正の処理をすることで音源を高音質化する「K2テクノロジー」を搭載し、ハイレゾ音源再生に対応する。

  • 「EX-N70」

  • リアパネル

  • スピーカの内部構造

 再生対応フォーマットはMP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、DSD、Apple Lossless、リニアPCM。前面と背面にUSB端子を設け、メモリ内に収録されたハイレゾ音源再生にも対応する。

 N70には2cmのトゥイータと11cmのウーファを内蔵した2ウェイスピーカ、N50には8.5cmのフルレンジスピーカを採用。いずれもチェリー響棒を搭載し、豊かな音空間を表現する。両機種ともに、音質のチューニングにはビクタースタジオのエンジニアも参加。アーティストの想いが込められたモデルに仕上がっているという。

  • 「EX-N50」

  • リアパネル

  • スピーカの内部構造

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加