AOL、ウェブコンテンツのパーソナライゼーションを手がけるGravityを買収へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年01月24日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLは米国時間1月23日、コンテンツパーソナライゼーションを手がける企業Gravityの買収を発表した。Gravityに8300万ドルを支払うと述べている。AOLによると、買収によって同社のサイトネットワークで関連性の高いコンテンツをユーザーに提供しやすくなるほか、分析、ターゲティング、広告の各サービスを改善できる可能性があるという。

 Gravityはおそらく、「Interest Graph」で最もよく知られた企業だろう。Interest Graphは、インターネット上でどういったトピックが話題を集めているかを視覚的に表現したものだ。Gravityはこれを基にウェブ上でのユーザーの行動を解析し、ユーザーの関心に基づいてリアルタイムコンテンツや広告を提供する。AOLによると、Gravityはウェブパブリッシャーがサイトに組み込めるAPIによって、「パーソナライズされた」ページビューを1カ月に10億以上生み出しているという。

 買収条件に基づき、GravityのチームはAOLの従業員としてとどまり、Gravityの技術をAOLのサービスに生かすことに注力する。AOLは、2014年第1四半期に買収手続きを完了する計画だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加