logo

マイクロソフトのQ2決算、予測を上回る--「Surface」「Xbox」など好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年01月24日 08時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftの同社会計年度第2四半期(米国時間12月31日締め)の業績は予測を上回った。同社は「Surface」の売上高について、第1四半期から倍増して8億9300万ドルだったと詳細を明らかにした。

 「Xbox」と好調なエンタープライズ部門の売上高に主にけん引され、今回の業績結果はウォール街の予測を上回るものとなった。同社によると、第2四半期の売上高は245億2000万ドル、利益は65億6000万ドル(1株あたり78セント)だったという。さまざまな繰延収益を除く第2四半期の非GAAP利益は、1株あたり81セントだった。

 ウォール街の予測は、売上高237億ドル、1株あたり利益68セントだった。

 Microsoftは、新しいSurface端末2機種で在庫不足の問題が生じ、需要の高さをうかがわせていた。デバイスおよびコンシューマー部門の第2四半期売上高は前年同期比13%増だった。


 業績結果の詳細は次のとおり。

  • コマーシャル部門は引き続き同社をけん引しており、第2四半期売上高は前年同期比10%増の126億7000万ドルだった。「System Center」「SQL Server」「Office 365」といった製品の販売が好調を維持した。
  • 「Windows」売上高は3%減少した。エンタープライズライセンスが、低調だったコンシューマー向け販売を埋め合わせた。
  • 「Xbox」販売台数は740万台だった。そのうち390万台は「Xbox One」、350万台は「Xbox 360」だった。
  • 第2四半期の「Office」のコンシューマー向け売上高は16%減少したが、顧客はクラウドの「Office 365」に移行している。
  • 「Office 365 Home Premium」登録ユーザーは350万人である。
  • 第2四半期の検索広告売上高は前年同期比34%増だった。
  • Microsoftは、Office 365、「Azure」「Dynamics CRM」などのエンタープライズクラウドサブスクリプションに注力しており、第2四半期に、すべてシート数が増加率100%以上を達成した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集