ケンウッド、ラウンド型ボディのオーディオシステム“奏でるオブジェ”

加納恵 (編集部)2014年01月23日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは1月23日、ケンウッドブランドからBluetooth、CD、ラジオなどを一体化したオーディオシステム「AP-300」を発表した。「奏でるオブジェ」をコンセプトに開発されたという。ラウンド型の独特のフォルムで、デザイナーズオーディオに位置づける。発売は2月上旬。店頭想定価格は3万6000円前後になる。

  • 「AP-300」。左からスチールシルバー、ストーングレイ、ぐらいファイトブラック

 AP-300は、高さ199mm×幅360mm×奥行き225mmで、重量約2.9kgのボディにBluetooth、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、USB端子を一体化したオールインワンタイプのオーディオシステムだ。

 7.5㎝コーン型のスピーカユニットを2つ搭載し、ラウンドデザインを生かして外向き角度に配置することで、コンパクトながら広がりのある音を再現する。

 Bluetoothを内蔵し、対応のスマートフォンやPCと組み合わせればワイヤレススピーカとして使用することも可能。「スリープタイマー」&「デイリータイマー」も備え、アラームとしても利用できる。

 ボディカラーはストーングレイ、スチールシルバー、グラファイトブラックの3色を用意。インテリアに溶け込みやすいカラーリングにしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加