サイバーエージェント、母国語を教えあう語学SNS「Lang-8」に出資

藤井涼 (編集部)2014年01月20日 17時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントのベンチャーキャピタルであるサイバーエージェント・ベンチャーズは1月20日、ソーシャル語学学習サービス「Lang-8」を運営するLang-8に出資したことを発表した。出資金額は非公開。

  • 「Lang-8」のトップページ

 Lang-8は、世界中の異なる母国語を持つユーザー同士が、投稿された文章を添削しあう語学学習SNS。たとえば、英語を勉強中の日本人と日本語を勉強中の米国人が、お互いの書いた文章を自然な表現に添削する。2007年にサービスを開始し、現在のユーザー数は約70万人。7割が海外のユーザーで、219の国と地域からのアクセスがあり90言語が学習されているという。

 同社では、今回の増資によりサービス開発体制を強化し、スマートフォンアプリの開発などを進める。 また、サイバーエージェント・ベンチャーズは資金提供のみならず、サービス価値の向上やグローバル展開の経営サポートなども行っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加