NEC PC、個人向けPC春モデル--薄型、1台4役の一体型「VALUESTAR S」など全5タイプ

坂本純子 (編集部)2014年01月14日 17時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECパーソナルコンピュータは1月14日、個人向けPC「LaVie」と「VALUESTAR」シリーズを一新し、全5タイプ28モデルの春モデルを1月16日より販売すると発表した。

「VALUESTAR S」
「VALUESTAR S」

 4月にマイクロソフトのサポートが終了するWindows XPからの乗り換えユーザーを見据え、すべての春モデルには「Windows XPからの乗り換えなび」を追加した「動画なび」を提供する。また、古いマシンからのデータ移行をスムーズに行うための「ファイナルパソコンデータ引越し 9 plus for NEC」が搭載されている。

新生活シーズン向けにオールインワンモデル「VALUESTAR S」

 目玉となるのは、奥行19cmのスリムデザインにTVチューナやYAMAHAサウンドシステムを搭載したオールインワンモデル「VALUESTAR S」(13万5000円前後~)だ。21.5型フルHDディスプレイを搭載し、PC、TV、オーディオ、レコーダ機能の1台4役で、これから新生活をスタートするユーザーに最適な1台と位置付ける。

「VALUESTAR N」
「VALUESTAR N」

 フラッグシップモデルの23型フルHDディスプレイを搭載した「VALUESTAR N」(21万円前後~)と共にフォトフレーム型デスクトップPCのラインアップを強化した。

 ノートPCの最上位モデルとなる「LaVie L」シリーズ(20万円前後~)は、OSやアプリの起動時間がさらに高速なインテル スマート・レスポンス・テクノロジ(LL850/RSB/21万円前後)、SSHD(LL750/RSシリーズ/20万円前後)を搭載したモデルがラインアップする。4月にサポートが終了するWindows XPモデルに比べ、約3.7倍のOS起動時間の高速化を達成したとしている。

「LaVie L」
「LaVie L」

 また、高速無線LAN規格IEEE802.11ac対応機種を拡大。全28モデル中15モデルに搭載した。VALUESTAR N全モデル、LaVie L全モデル、スリムノートPC「LaVie S」のLS700/RSシリーズ(17万5000円前後)、LS550/RSシリーズ(17万5000円前後)に搭載している。

搭載アプリ、スマホとPCの連携を強化

 このほか、スマートフォンやタブレットとPCを併用者が増えていることから、タブレットやスマートフォンとPCとの連携を強化した。

 写真や動画を管理するアプリ「コンテンツナビ」には、ホームネットワーク内の他のスマートフォン、タブレットに分散している写真や動画を一覧表示し、知人との共有などコンテンツの一元管理ができる機能を追加。

 TVチューナ搭載モデルでは、シンプルな操作で録画番組をスマートフォンやタブレットで持ち出す「外でもVIDEOワイヤレス」の対応機器にNexus 7を加えるなど、連携機能を強化している。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加